クリップフィーダー|クリップ自動計数供給機 静音・小型・軽量パーツフィーダー

製造ラインで1回の組み立てに必要な数のクリップを自動で計数、供給するパーツフィーダーです。

特徴

メリット

  • クリップを計数する手間が省け、間違いを減らします。
  • 部品供給が早い。
  • 一般的な振動型パーツフィーダーに比べ、騒音が少なく静かです。
  • 小型で場所を取りません。
  • 12kgと軽量ですので移動が容易です。

デメリット

  • 部品を整列する機能が有りません。
  • 樹脂クリップの形状により、使用が限られます。

機能

操作パネルのスタートボタンを押すごとに、設定した数量のクリップを供給します。
「BATCHモード」では、クリップを供給した一定回数ごとに、お知らせ音を鳴らすことができます。
例えば、出荷単位である一箱に10ヶの製品を入れる場合、10回の排出毎にお知らせ音を鳴らします。
一箱単位でも組付け忘れ(クリップの取り忘れ)が無いか、を確認するきっかけにできます。

動画

通常動作

BATCHモードでの動作

設定パネル

「MODE」ボタンを押すごとに、「SET」モードと「BATCH」モードが切り替わります。「SET」モードで、供給するクリップの数量を設定できます。「BATCH」モードでは、設定した回数、部品供給をするごとに、お知らせ音を鳴らすことができます。
「ボタン1」(1の位)~「ボタン4」(1000の位)の4つのボタンそれぞれの上と下が押せるようになっており、上で数値を増加、下で減少させることができます。設定可能な数値は、0~9999です。
「RST」ボタンでカウンタをリセットできます。

操作パネル

「スタート」ボタンを押すと設定した数のクリップが、「クリップ排出口」から「クリップ排出トレイ」に供給されます。
「リセット」ボタンでカウンタをリセットできます。

対応クリップ一覧

  • 90467-10161
  • 90467-10167
  • 62217-13010
  • 91560-SLJ-J010-M1

これ以外のクリップにも個別で対応可能です。
テストを弊社で行い、作製の可否について検討させていただき、可能だと判断した場合は別途お見積もりをさせていただきます。
お問い合わせください。

サイズ

幅185mm×奥行き350mm×高さ600mm

重量

12kg

供給電源

100V(コンセント)

お問い合わせ

クリップフィーダーについてのご質問、お見積り依頼は、お問い合わせページからお願いします。

© 2020 三協合成(株)