すべて 製作活動

矯正治具の作製

現在 ある製品の矯正治具を製作させていただいております。
通常、矯正治具といいますと簡易的に作製して暫定的な工程として組まれるケースが多いです。
しかし中には成形条件等でうまくいかない場合の最終手段として、恒久的に使用することがあります。
現在製作中の治具は後者で成形直後の工程で使用するので可動部にはアルミを採用いたしました。

理由として剛性と耐久性、矯正中の冷却を促進し矯正時間を短縮する為です。
放熱しやすくするために空気に触れる面積を増やす加工を施しております。
納入までもう少しお待ちくださいませ!

-すべて, 製作活動

© 2021 検査ゲージ、検査・組付・ポカヨケ治具の製作、樹脂切削加工|三協合成(株)